「世界一シンプルで科学的に証明された究極の食事」を読んだ感想

世界一シンプルで科学的に証明された究極の食事

先日「世界一シンプルで科学的に証明された究極の食事」という本が発売され、話題になっています。

私もさっそくこの本を読んでみました。自分の今の食生活や食事に対する考えと照らし合わせて、この本の内容をどう思ったのかについて書いてみます。

世界一シンプルで科学的に証明された究極の食事

「世界一シンプルで科学的に証明された究極の食事」は、カリフォルニア大学ロサンゼルス校内科学助教授の津川友介先生が書かれたものです。津川先生は、医師でありながら、膨大な論文を読み科学的根拠を明らかにする研究を日々行っているそうで、この本には多くの「科学的根拠(エビデンス)」が出てきます。

特徴的なのは、様々な研究論文から導き出される可能性について、とても中立的な立場でデータを読みとき考察されていることです。

この本では、健康になるという観点において、現時点で最も「正解に近い」と考えられている食事を説明している。

本の中で津川先生がこう述べられています。「絶対この食事が正しい」「○○は毒!食べるべきでない」などの激しい主張はなく、現時点ではこういう可能性が高いよ、と冷静に、中立的に説明されているところに好感が持てました。

「○○は体によい」「○○は体に悪い」ということを、著者の経験や主観だけで主張する怪しい健康本が多い中、この本はかなり信頼できる部類に入ると思います

科学的根拠に基づく健康に良い食品と悪い食品

科学的根拠に基づき健康に良いと考えられている食品として、①魚、②野菜と果物、③茶色い炭水化物、④オリーブオイル、⑤ナッツ、逆に健康に悪い食品としては、①赤い肉(牛肉、豚肉など)、②白い炭水化物、③バターなどの飽和脂肪酸が挙げられています。

健康本をいろいろ読んでいる私にとっては、特に意外性は感じませんでした。賛否両論ある食品もありますが、いろいろなところで見聞きする内容です。

私自身の食生活に照らし合わせてみると、体に良い食品として紹介されている野菜やオリーブオイルは普段からよく摂っていますし、ナッツや茶色い炭水化物であるライ麦や全粒粉も大好きです。

魚は以前は大好きで毎日のように食べていたのですが、5年ほど前から魚を食べるとアレルギー状の症状が現れるようになってしまい、今はほとんど食べなくなってしまいました。食べても症状が出にくい魚を探して食べるよう努力すべきなのか、魚は体質に合わないと食べるのは諦めるのか、悩むところです。

赤い肉、バターなどの飽和脂肪酸はごく普通に摂っています。経験上、これらの食品は完全に断つよりも適量摂った方が体の調子がいいので、やめるつもりはありません。

科学的根拠も大事ですが、それを食べて自分の体の調子が良くなるのか悪くなるのか、自分の体の声を聞きながら食べていくのも大事だと思っています。

白米は体に悪い

日本人は何事も「食べすぎなければ大丈夫」というあいまいな結論に持って行きたがるが、残念ながら、日本人が大好きな白米は「少量でも体に悪い」と言っても良いだろう

様々な研究データを中立的な立場で分析する著者が、これほどにまではっきりと主張するのは、白米が体に悪い(食べれば食べるほど糖尿病リスクが増加する)という数多くの研究結果が出ているためです。

私はもともと白米が好きではなく、好んで白米を食べることはありません。白米好きじゃない私にとっては、無理に白米を食べなくてもいい口実ができるので、「白米は体に悪い」説が広まるのは喜ばしいことです。

日本食が健康によいというエビデンスは弱い

多くの人は日本食は健康的であるというイメージを持っているが、実は日本食が本当に健康にいいというエビデンスは弱い。確かに、魚や野菜を多く摂取できる点においては日本食は優れていると考えられるのであるが、日本食には2つの問題点がある。(1)炭水化物が多いことと、(2)塩分摂取量が多すぎることである。

テレビでも健康本でも「日本食が健康によく素晴らしい」ということばかり言われていますが、「本当にそうなの?」とずっと疑っていました。どう考えても日本食が絶賛されるほど体にいいとも思えませんし、実際に私は和食にするとアトピーが悪化するからです。

よくぞ言ってくれた!!という感じです。日本人は、日本のことや日本食について、良い点ばかり取り上げて賞賛し、悪い点には目をつぶる傾向がありますよね。

オーガニック食品を食べるべきか

個人的にかなり気になるテーマでした。最近私は、無農薬野菜やオーガニック食材をなるべく使うような食生活に切り替え、実際にアトピーのかゆみが激減するという経験をしたためです。

オーガニック食材は一般の食材と比べて①栄養価は変わらない、②残留農薬は若干少ない(しかし一般の食材でも農薬の量は許容範囲内)、③冬場の肉に関しては食中毒を起こすリスクが高い、とまとめることができる。

一般の人にとってはオーガニック食材でなくても健康という観点からは問題ないと考えられている。その一方で、唯一オーガニック食材にするメリットがある可能性があるのが、妊娠中や妊娠する可能性のある女性と小さな子どもだろう。

一般の人がオーガニック食材を食べるメリットはそれほどない、という意見には私も同意です。

ただ、私は無農薬野菜を食べるようになって食後のかゆみが激減したのは事実です。また、化学物質過敏症で少量の農薬にも過剰に反応してしまう人がいるのも事実です。

私は無農薬やオーガニックの食品の方が明らかにアトピーのかゆみが減るので、これからも続けていくつもりです。

さらにこの項目には、残留農薬が気になる人向けに、残留農薬の多い野菜果物、少ない野菜果物のリストが載っていて、参考になりました。

信頼できる健康情報を入手する方法

この本には、正確性の高い健康情報を得るための具体的な検索方法が書かれていて、参考になりました。

同じグーグルを使っていても、日本語(google.co.jp)で検索すると正確性の低い健康情報が多いのだが、同じ情報を英語(google.com)で検索すると格段に質の高い健康情報が得られるようになる。

実は全く同じことを私は最近痛感していて、「より良い情報を得るために英語をもっとスラスラ読めるようにならないと」と思って、英語の勉強に力を入れているところでした。

ネット上の健康情報には間違った情報、信頼できない情報があふれています。日本のマスコミも間違った情報やゆがんだ情報をガンガン流すので、何が正しいのかが本当にわからなくなる世の中です。

google翻訳を使えば英語サイトでもなんとか意味をとることはできますが、とてもわかりにくいです。英語がスラスラ読めることに越したことはありません。

まとめ:何を食べるか選択するのは自分自身

この本は、これからの自分の食生活を考える上でとても参考になるものでした。ただ、私はこの本が推奨する「健康的な食事」をそのままは実行しないと思います。

私は何年も食事日記をつけてきて、自分がこの食品を食べたら体調がよくなるとか悪くなるとかがわかってきました。残念ながら、この本で推奨されている食品でも、食べると調子が悪くなる(アトピーが悪化する)ものがあります。

食事にこだわりがない人はこの本の通りの食生活を実行してもいいのかもしれませんが、あくまで参考にとどめるというスタンスで良いと思います。

体に悪いとわかっていても、大好きな甘いスイーツを食べたいとか、ステーキを食べたいとか、そういう考えの人もいるでしょう。個々の価値観の問題ですが、食の楽しみを我慢してまで無理して食生活を変える必要もない、という考え方もあります。

体にいい(可能性が高い)食品と体に悪い(可能性が高い)食品を知り、それを頭に置きながら、自分の食事を決めるのは、結局自分次第です。

長々と書いてしまいましたが、世の中の健康情報に惑わされがちな人、健康になりたいけれども何を食べたらいいかわからない人は、読んで損はない本だと思います。